DTM作曲ブログ > 音楽制作お役立ちメモ > スタインバーグ製品の初期不良サポートの対応
2016年3月29日

スタインバーグ製品の初期不良サポートの対応

スタインバーグ製品の初期不良サポートの対応
スタインバーグ(steinberg)といえば、国内でも有数のシェアを誇るDAW、CUBASEシリーズを筆頭に、映像と音楽をシンクロさせるための高度なワークステーションNUENDO、その他VST製品など、プロの音楽家御用達のDTM製品を開発している会社です。

先日、2016年のM3春イベントのために制作した僕のオリジナルCD『Journey』。このCD制作にあたり、CDプレス会社へ音楽のマスターを入稿するためにDDPのフォーマットを使用しました。

従来、僕がマスターを制作する際、ミキシングとマスタリングをCubaseで行い、マスター用のCD-R(CD-R for Master / 太陽誘電)に焼いていたのですが、最近ではDDPでの入稿が主流になってきているとのことで、『Wavelab 9 pro』を購入しました。


『WAVELAB PRO 9』


DDPだとCD-RでCD-DAを作る手間と、入稿の際の発送の手間と料金がなくなるので非常に楽です。ということで、今回はじめて『Wavelab 9 pro』でDDPを作成しようと思ったんです。

しかし、思わぬトラブルが待ち受けていました。

『Wavelab 9 pro』が到着して、さっそくインストールしようとしましたが、DVD-Rドライヴから異音が鳴り響く…!何度試せどインストールディスクを読み込んでくれない。もちろん他のCDやDVDは読み込めるので、インストールディスクの初期不良であることは明白でした。

製品はSOUNDHOUSEで購入したため、SOUNDHOUSEに問い合わせたところ、「メーカーに確認を取る」ということで結構待たされてしまいました。

僕としては、「手っ取り早く新しいディスクと交換してくれればいいのになぁ」なんて考えていましたが、大人しく対応を待つことにしました。土日を空けて頂いた内容によると、下記二つから選んで欲しいとのこと。

①新品の製品を送付
②Wavelabのインストーラーを書き込んだDVD-Rディスクを送付


ちなみに①だと、同じくエラーが出る可能性が高いとのことで、②をオススメされました。どうやら同じような不具合の問い合わせが多いのでしょうか。

確実にインストールが可能そうな②でお願いしました。数日後に、SOUNDHOUSEではなくスタインバーグから直接DVD-Rが届き、無事インストールすることができました。

その時に一緒に送られてきたのが画像の粗品です。ボールペン、ステッカー、名刺入れを頂きました。ボールペン以外は使わないと思うけど、こういう心遣いは嬉しいですね。ちょっとだけ得した気分。


お詫びの品

初期不良でお詫びの品を送ってくれたスタインバーグのサポート対応でした。

こんな音楽を作っています! (ゲーム/映画音楽/オーケストラ系)

CanopusSounds Canopus Sounds @ かのぷー

こんな音楽も作っています! (エレクトロニカ/テクノ/ボーカル系)

CanopusSounds Wiredscape @ かのぷー
コメント一覧
コメントをどうぞ
* Name
* Comment
プロフィール
CanopusSounds Author : かのぷー / Canopus
DTMで作曲、音楽活動をしています。主な活動は、ゲーム開発会社へのゲーム音楽の楽曲提供、M3同人系イベントへサークル参加など。オーケストラ、サントラ系、ファンタジーなオリジナルCDアルバムも制作。猫が好き。いよいよオッサン化してきた現実を見つめる年頃となりました。

カテゴリー
オリジナル サントラCD 通信販売
  • Journey
  • Carina
ツイッター